文字と言葉で「セールス」も「文章ライティング」も「婚活」までも上手く行く!

【婚活モテLINE】文字と会話の違いを知り、婚活でライバルに差を付ける!

婚活に限らず、SNSが普及している現代において、コミュニケーションをはかる時に、文字でのやり取りを無視出来ない時代になりました。

にもかかわらず、学校教育を含め、まだまだ文字によるコミュニケーション(モジニケーション)スキルが低い現状があります。

モジニケーションスキルが低いことで誤解を招き、ケンカ別れなんてことも頻繁に起こっています。

ここでは、婚活に限らず、誰もが知っておくべき「文字と会話の違い」とその差を埋める方法、さらに婚活での活用までをお伝えします。

文字と会話の違いを知る

人が意思疎通を取る手段として、「会話」や「文字のやり取り」があります。しかし、「文字と会話」では情報量に大きな差があるため、文字では、正しく伝わりにくいのです。

婚活を進めていく中で、文字は頻繁に活用します。プロフィールなどの自己紹介文もそうですし、コンタクトを取るためのメッセージもそうです。マッチングした後は、文字で関係性を深めていきます。

つまり、この「文字」の扱い方を知っているか否かは、婚活が成功するか否かに直結すると言っても良いということです。それくらい重要度が高いのです。

まず、文字と会話の違いをまとめた以下の表を確認してみてください。

これだけの差があるのです。そのため、誤解が生じたりするのです。この誤解はケンカの火種となり、結果、婚活が上手くいかないということになります。

他にも、自分の想いが正しく伝わらず気持ちと表現にギャップが出てしまい、バランスが崩れて関係が終わってしまうのです。

また細かな解説はしませんが、文字は会話と違い記録として残ります。発言をさかのぼってチェックされて、自分の首を絞めないように気を付けて発言をしていきましょう。

以下、婚活で重要となるポイントを「文字側の視点」からピックアップしてお伝えします。

デメリット|情報不足

先程の表でお伝えしたように、文字のやり取り側から見た場合、会話と比べて非常に情報不足であることが分かるかと思います。

  • 声色・トーン
  • イントネーション・抑揚
  • 身振り手振り
  • 表情・視線
  • 相手の反応が見える


会話では得られるであろう膨大な情報は、文字には現れにくいため、上手く伝えることも受け取ることも出来にくいわけです。

しかし、問題なのは、送った側はちゃんと伝わっていると勘違いしていることです。自分の思考が文字を通して相手に伝わっていると思っているため、2人の間で差異が生まれてしまうのです。

皆さんの中には「こんなに寂しい思いをしているのに、なんで何もしてくれないの?」そんな風に思った経験がある方も多いのではないでしょうか。

何もしてくれないのは当然で、相手にはその状況が見えないのです。これは伝え方にも問題がありますし、受け取り側にも問題があるため起こるのです。

会って話をしていれば、相手の表情、声のトーン、振る舞いなどから落胆していることが分かる可能性が高くても、文字では情報が不足していて分からないのです。

そのことに気が付けないまま「なんで何もしてくれないの!ひどい!」となっていては、ケンカが絶えないのは当然です。

送る側:気が付きやすい形でメッセージを届けてあげる

受け取る側:相手に成りきってメッセージの意味を感じ取る


お互いの不足している情報を補おうとする努力が、愛あるコミュニケーションを作っていくのです。

文字のやり取りでは、会話と比べて「情報不足」というデメリットがあることを覚えておいてください。対処方法については、項目2でお伝えしますので、読み進めてみてください。

デメリット|反応を確認できない

メッセージを送ったとしても、相手がどんな反応をしているかを確認することはできません。このことは、ケンカやもめごとを引き起こす原因にもなるので、注意しておいてください。

送る側としては、特に悪い意味がないつもりで送ったメッセージが、相手の表情を曇らせることがあるということです。

目の前にいて会話をしている場合には、目の前の相手の表情や態度に変化が生じるので、気が付くことができます。しかし、文字のやり取りにおいては、それが不可能となるのです。

相手が嫌だと感じる言葉を、そのままにしてやり取りを続けることは、とても危険です。小さな溝は、どんどん大きくなり、別れが近付くのです。

相手の受け取り方を調整することはできません。だからこそ、送る側が誤解を与えないようなメッセージを送らなければならないのです。自分の気持ちと差がなく、相手が受け取れるメッセージを送り続けることが大事ということです。

メリット|瞬時に反応しなくても良い

メッセージのやり取りを行う場合に、会話と比較してメリットとなる部分もあります。それが「瞬時の反応をしなくても良いところ」です。

会話であれば、目の前で返答を待っている人がいるため、瞬時に考え、言葉を発しなければ会話が成り立ちません。

しかし、LINE、メール等のメッセージのやり取りであれば、「考える時間」があるわけです。もっと言えば、「相談する時間」もあるわけです。

僕自身は婚活塾として生徒を抱えていますが、生徒が返答に悩めば、僕に質問をしてくるので、返答のアドバイスもできるわけです。

LINEであれば「既読」が付くのでやり方に注意は必要ですが、通知をみて概要を知り、未読のまま考えることも出来るわけです。会話ではできないことですね。

このメリットを上手く活用することで、より相手に寄り添ったメッセージを送ることが可能となります。瞬時の反応をしなくて良いメリットを上手く活用して、婚活を上手く進めてみてください。

★皆藤のつぶやき

本当はこの「文字と会話の違い」については、学校教育に取り入れた方が良いとさえ思っているくらい重要なことなんですよね。
(;´▽`A“

誰でもSNSで発信ができる世の中になって、友だち、恋人、会社の同僚など多くの人と文字でやり取りをすることが多くなりました。また全く知らない人ともつながれる世の中になりました。繋がりが希薄になってきている世の中で、とても良いことなのだとは思います

しかし、文字のやり取りでは、相手のことをちゃんと見る目が不足した状態で、コミュニケーションが進んでしまいます。結果、誹謗中傷も平気で行ってしまうのです。
(゜―Å)

心無い言葉に傷つき、命を絶つ人もいます。鬱になってしまう人もいます。言葉は使い方を間違ってしまうと、致命的な傷を負わせることができる怖いものです。だからこそ、正しく文字の扱い方を知って欲しいのです。

上手く活用すれば、心を掴むことも、惚れさせることもできる素晴らしいものですからね。
ブィブィ(o^─^o)v

文字と会話の差を埋める方法

文字と会話の差が分かったとしても、その差を埋める方法を知らなければ意味がありません。

婚活において重要となる文字でのコミュニケーション(モジニケーション)の基礎となる部分です。ここでは文字と会話の差を埋める方法についてお伝えしていきます。

顔文字、絵文字の活用

文字は会話と違い、情報が不足しています。その不足している情報を、文字のやり取りでも補ってあげれば良いのです。

具体的には「顔文字・絵文字」の活用です。

  • 声色・トーン
  • イントネーション・抑揚
  • 身振り手振り
  • 表情・視線


上記のような様々な不足情報がありましたが、顔文字や絵文字などを活用することで「表情や感情」を補足してあげます。そうすることで誤解を招きにくくなるのです。


例えば、「アホか」という言葉。これはいくつかの捉え方ができます。

  1. (馬鹿にした)アホか。「あんたアホちゃうか」くらいの感覚。

  2. (反論するための)アホか。「アホか、ボケ!そうじゃなくて・・・」のような感じ。

  3. (ツッコミとしての)アホか。ボケに対するツッコミ的な感じ。


しかし、文字で表現するときには「アホか」で終わってしまうのです。相手はどの「アホか」でとらえれば良いか混乱するわけです。そんな時に顔文字などが活躍します。

  1. アホか
     ┐(´―`)┌

  2. アホか!
    ヾ(`□´メ

  3. アホか
    ヾ(≧∇≦*)ゝ


こんな感じになるでしょうか。もちろん絵文字などで適切なものがあれば、そちらを活用しても構いません。

しかし、絵文字で1点注意するとすれば、機種によって表現が違うということです。必ずしもあなたの意図した絵文字が相手に表示されているとは限らないことを覚えておいてください。

いずれにしても、あなたの思っている感情がちゃんと相手に伝わるということが重要なのです。誤解をされないように、あなたの感情を文字で表現してあげてくださいね。

【婚活で重要】注意すべき3つの言葉と使える顔文字リスト!

スタンプの活用と活用時の注意点

LINEなどではスタンプを活用することで、文字では不足してしまう情報を補うこともできます。スタンプには様々なものが用意されているので、好みのものを選んで使っていくと良いでしょう。

ただ、おそらくマッチングアプリ、出会い系アプリ等のメッセージのやり取りにおいては、スタンプは用意されていないところがほとんどのはずです。アプリ経由でのやり取りの場合には、2-1でお伝えした顔文字などで対応してください。


スタンプを活用する場合には、1つ気を付けた方が良い点があります。それが「スタンプのみの返信、やり取りにしないこと」です。


スタンプは手軽ではあるのですが、毎回スタンプで返信される側からすると、「手抜き感」や「大切に思われてない感」が出てしまうのです。婚活においてこれは致命的です。

メッセージのやり取りをする中で、適度に使って良くことを前提としましょう。また不足している感情を補うために活用していくと良いでしょう。

さらにもう1つ付け加えるとしたら、婚活においてはスタンプ選びにも、気を使っておきたいところです。

スタンプ選びの際には、「自分のイメージに合ったもの」または「プラスのギャップが働くもの」を選んでおくと良いでしょう。

例を挙げるならば

《おしゃれイケメン》
・イメージ通り・・・デザインセンスのあるcoolなスタンプ
・プラスギャップ・・・可愛い系のスタンプ

《アラフォー男女》
・イメージ通り・・・芸能人、キモカワ系などのスタンプ
・プラスギャップ・・・ゆるキャラ系のスタンプ
※普段のあなた自身のキャラクターによって変わります。

スタンプは補足的な意味合いで活用していくものですので、あくまでもメッセージの中身で勝負ですが、使えるものは上手く使って関係性を深めていきましょう。

画像の活用

顔文字やスタンプなどだけでは、表現の幅は限られてしまいます。またやり取りを楽しんでもらうという意味においては、顔文字やスタンプでは、意外性が足りません。

より文字での会話を楽しんでもらうためにも、画像の投稿を活用していくと良いでしょう。

面白い画像や使える画像は、ネット上に転がっています。見つけた時に保存をして、やり取りの中でいつでも使えるようにしておくと良いでしょう。

注意点として、ネットに転がっている画像には著作権等があります。使う場合には、閉ざされたやり取りの中でのみ使用してください。

★皆藤のつぶやき

文字では不足している情報を埋める方法をお伝えしました。自分の気持ちを過不足なく届けるのは、とても難しいんですよね。
(;´▽`A“

でも、それを意識できている人は少ないのです。婚活では多くの人と同時にやり取りが進行しています。だからこそライバルたちと差が付くやり取りが必要となるのです。

特に男性は、文字のやり取りのスキルが低いです。だからこそ、身に付けたときに女性ウケが良くなります。結果、メッセージを送ったときの返信率は高くなりますし、デートにこぎつける可能性も高くなるのです。

彼女いない歴=年齢の男性が、こちらからデートに誘わなくても誘ってもらえるようになるわけですね。しかも複数人からです。
(●´艸`)

文字というただの記号を、気持ちの通ったものにできるかどうか。そこが婚活では重要なことなのです。
ブィブィ(o^─^o)v

文字表現が弱い人とのLINE

文字と会話の差を埋めるにしても、相手がそれをできる人である可能性は低いでしょう。それくらい文字表現が弱い人が多いので、仕方のないことです。

相手に教えるのも良いかもしれませんが、婚活で接点を持つ人すべてに、そんなことをやっている時間はありません。あなたは結婚に向けて前向きに進んでいくことに時間を使った方が良いです。

では、文字と会話の差を埋められない人とのLINE等メッセージのやり取りの場合、どうすれば良いのでしょうか?それらについてお伝えいたします。

正しく読み取る読解力

相手が伝える力が乏しいのであれば、受け取る側がくみ取ってあげるしかありません。相手の言いたいことをくみ取る「読解力」が必要ということです。


実はこの読解力のレベルが非常に低いという現状があります。ちゃんと読めている人は、かなり少ないです。

ここでいう読解力は、学校で教えてくれる国語や現代文で学べる内容ではありません。やり取りの中で読み取れる力なのです。


学校で習う国語や現代文は、いわば文章を書くプロが書いた作品です。かたや婚活などのやり取りで読み取る文章は、ど素人が書いたつぶやき程度の短い文章です。下手したら単語かもしれません。


でも、ど素人のつぶやきから、相手の気持ちを読み取らないといけないわけです。それが出来ないと誤解やケンカに発展するわけですから、非常に厄介ですよね。


読解力のレベルを上げるためには、訓練が必要です。しかし、勉強と違い、答えは発信者しか持っていません。だからこそ学ぶことが難しいのです。

少なくとも、日々のやり取りをしながら、相手の気持ちを感じ取ろうとしてください。

★皆藤のつぶやき

ほとんどの人が読み取ることができないと言った理由は、明確にあるのです。僕がお届けしている無料メール講座で、「ブログの読解力テスト」を特典として付けているのですが、この正解率が非常に低いんですね。
(゜―Å)

どれくらい低いかと言うと、100人以上がトライして、未だに男性1名、女性2名のみの正解にとどまっています。男性は他の恋愛塾で学んだ方です。そのため一般男性では、ほぼ正解出来ないと言っても良いでしょうね。
(;´▽`A“

また、国語の教師、元予備校の現代文講師でさえも、正解することはできませんでした。つまり、学校の勉強ではプロであっても、読み取れないということです。

この読解力を教えられる人は、ほとんどいないのが現状のようです。実際に出版されている「モテるメール、LINE」系の本を何冊か読んでみましたが、明らかに間違っていることを教えてしまっている本すら存在しています。

また、ネットやテレビで放送されている「発信者の気持ち」を推し量るテストなども、意外と間違いが多く、皆藤版として公開した回答の方が納得感があると言われるのです。
ブィブィ(o^─^o)v

※参考までに「女心わかってる?テスト」に関する解説記事を貼っておきますので、気になる方はどうぞ。

僕自身は、素人が書くブログを数十万と見て、コメントを書き込んでいくことで、知らぬ間にレベルがあがってしました。

何十件とコメントがついたとしても、その中で目立つ内容のコメントを瞬時に投稿することを繰り返してきたことが、レベルアップに繋がったのでしょう。

婚活では、人気のある人にメッセージが集中します。その中で目立つメッセージを送ることが出来なければ、返信は来ないのです。相手の心を掴めるようなメッセージは、この読解力があることによるものです。

「読めなければ書けない」

だからこそ、しっかり読めるようになっておいてください。それは婚活だけでなく、コミュニケーションにおいて強い武器になりますからね。
ブィブィ(o^─^o)v

【婚活】TV「女心わかってる?テスト」から対応方法を学ぶ

関係が終わる!?危険なときの対処法とは?

文字の不足分を埋められない人とのやり取りは、こちらで推測する部分も多く、捉え方次第では、嫌な気持ちになることもあるかと思います。婚活では、それらが積み重なると「別れ」につながってしまうのです。

本当は良い人かもしれないのに、文字での表現の仕方が下手な人が多いです。というより、そんな人ばかりです。

だからこそ、相手はあなたが思っているほど、深刻に考えていない可能性も高いのです。あなた自身が嫌だと感じることがあったりした場合には、早急な対応が必要です。


対処方法としては、「電話で話すか、会って話す」です。


文字のやり取りのままでは、相手は伝え方を知らないため、情報が足りません。だからこそ顔を見て話をすると良いでしょう。

そのため電話の場合も、顔を見ながら話ができるテレビ電話方式で話せる方法で話をしましょう。

もめているときや、危険なときは、顔を見て話した方が伝わるものが多いからです。しっかり目と目を見て、お互いの気持ちをぶつけて解決しましょう。

婚活における活用

文字のやり取りで不足を補う方法が分かったら、それらを婚活でも活用していきましょう。当然、やり取りにおいては活用できますが、それだけではなく使える場面があるのです。

プロフィールが親しみやすい印象に

婚活の際には、プロフィールや自己紹介文を作る機会が多いかと思います。そんなときにも顔文字や絵文字は活用できます。
※絵文字が使えるかどうかは、アプリ側の機能に依存します。

自己紹介文は、基本的に文字による紹介になるので、かたい印象になりがちです。本来のあなたが、かたい印象を与える人であり、異性に対してもかたい印象を与えたいのであれば、それでも問題ありませんが、そうでない場合には顔文字を活用すると良いでしょう。

女性は比較的そのあたりの表現が上手い人が多いですが、男性はあまり上手くない人が多いように見受けられます。

プロフィールは、婚活では最重要レベルの項目となり、自己紹介文はよく見られる項目です。ここであなたに親しみやすさを感じられるかどうかで、メッセージのやり取りに発展するかが決まると言っても過言ではありません。

あなたを魅力的に感じてもらうためにも、文字で不足する情報を、顔文字で補ってあげましょう。ぜひ親しみやすい印象を与えてあげてください。

参考までにプロフィール作成に関する記事を貼っておきます。

【婚活苦戦者必見!】返信が来るプロフィール文・自己PR文の書き方!例文あり《マッチング・出会い系編》

ライバルを突き放せる!

婚活ではライバルの存在を無視できません。婚活ではその人にとっての1番だけが、カップルになれるのです。だからこそライバルを突き放す必要があります。

ライバルを突き放すのに効果的なのが、「コミュニケーション」です。コミュニケーションをとっていて楽しい人は好印象を与えます。つまり文字のコミュニケーションが上手くいくかどうかはとても重要なのです。

コミュニケーションを通じて、あなたの魅力的な部分を伝えつつ、あなたとのやり取りを楽しんでもらいましょう。

文字でのやり取りであるのに本当に会話しているように楽しめたら、「ずっとこの人と一緒に居ても楽しいかも。」と思ってもらえる可能性は高くなります。

ライバルを突き放して、あなたが1番になってください。

★皆藤のつぶやき

婚活が上手く行かない人の中には、外見が良くなかったり、口下手だったり、会うことでマイナスの印象を持たれる人がいるのは事実です。

でも、会うよりも前に好印象を勝ち取ることができれば、そのハンデを無視することも可能になるんですよね。
(○´∀`○)

もちろんそのためには、今回お伝えした「文字と会話の差を埋める」というだけでは難しいかもしれません。もっと心を掴む文字のやり取り(モジニケーション)のレベルを上げる必要があります。

それらについては、公開していく記事でもお伝えしていきますので、楽しみにしていてくださいね。
ブィブィ(o^─^o)v

まとめ

「文字と会話の違い」いかがでしたでしょうか?


情報量が少ない文字のやり取りにおいては、不足分を補ってあげなければ、誤解を生んだり、伝えたいことが伝わらなかったりするのです。

ちゃんと伝わらなければ、そこに差が生まれ、気持ちの面でも差が生まれます。最初は小さな差や溝であっても、積み重なれば大きくなります。


結果、関係性が壊れてしまうのです。


今回お伝えした内容は、婚活に限らず、文字のコミュニケーションにおける全ての場面で重要となる内容です。しっかりと身に付け、円滑なモジニケーションを行ってください。

高いレベルのモジニケーションができるようになると、周りの人に好かれるようになって、生きやすくなりますよ。

最後に。より詳しく知りたい方へ

「文字と会話の差を埋めるために、どんな顔文字がいいの?」
「どうやって顔文字を活用すればいいの?具体例が欲しい」

そんな方のために、顔文字リストと具体的な会話例を含めて公開しています。

また、普通に使う言葉であるのに、注意しなくてはいけないワードを3つほどお伝えしています。

ここで公開している内容は、人生逆転婚活塾の本講座で教えている内容となりますので、気になる方は確認してみてくださいね。
ブィブィ(o^─^o)v

詳しくはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【婚活で重要】注意すべき3つの言葉と使える顔文字リスト!