文字と言葉で「セールス」も「文章ライティング」も「婚活」までも上手く行く!

【第2話】超絶ブラック企業のリアル|超絶ブラック企業のモヒカン社長と爆音祭り!

初めて会社に出社します
※研修は別の場所でやった

そこで
新人である皆藤は

こりゃやっぱダメだと
夢も希望もなくなる光景を目にするのです

死ねる光景1:社長が見るからにヤヴァイ

かなり家賃の高いであろう
駅前の有名なビルに
その会社の本社はありました

1フロアを借りており
相当広く、家賃も高額なことは
誰でも想像付くレベルのところです

 

で、

我々新人は
研修をやったイカツイ姉ちゃんに
本社に連れていかれたわけです

 

そして
社長の到着を待つわけですが・・・

 

ゾス!!←みんな一斉に

 

その挨拶の先にいた人物の風貌に
絶望を感じたのは
言うまでもありません


《社長の風貌》

  • ザ!モヒカン!
  • パツキン!
  • 虎柄のガウン的なもの!
  • つり上がったグラサン!
  • 両手はポッケにIN上等!
  • 肩で風を切って歩くぜベイベー!

 

(๑º△º๑)ぽか~~ん

 

↑実際この写真よりひどいですからね
(;´▽`A“ 


「これはやらかしたな」
そんな空気が新人全員の中に流れたのは
言うまでもございません
( ˙θ˙ )

死ねる光景2:爆音!爆音!爆音祭り!

後で分かることですが
新人が入ってくる時には

ドン引きするので
その状態ではないのですが

 

社内では
あしたのジョーや
タイガーマスクなどが

大音量で流されています
( ºロº)
※新人が来るときには静かにしている

 

おそらく
「叩け!叩け!叩けぇー!」が

訪問先のドアを叩けってことなんでしょうが
そんなのどうでも良いくらい
意味が分からない大音量です

 

もちろん
社長が来れば
その音量に負けないくらいの声で
ゾスらないといけないわけで

もう完全に頭おかしい会社だと思いました

 

話を戻しまして

まだ2日目なんですけど
社長の風貌のインパクトが凄すぎて
本気でやめようか悩み始めるわけです
(;´▽`A“

 

しかし
辞めるとは言えないままに
新人は2日目とは言え
先輩と同行して
現場研修に入るのでした

 

つづく
(┐´Д`┌)ノ

【第3話】超絶ブラック企業のリアル|先輩もやっちゃったと思ってるwww