文字と言葉で「セールス」も「文章ライティング」も「婚活」までも上手く行く!

【第5話】超絶ブラック企業のリアル❘現場では使えない!ブラック企業のロープレ!

ブラック企業ロープレのリアル

今でこそ
太ったブサイクですが

このころは
細くて童顔で
実際23.4歳だったのですが

高校生とかに間違われるほど
幼い感じでした
(*´ω`*)この頃の面影どこいった

こんな感じでも
子供いるんですけどね
(;´▽`A“

というわけで
パパは子供のためにも
頑張らなくてはなりません
(°∀°)b

出来ることからやるわけですが

出来ることと言えば
トークのレベルを上げることくらい

なので
ロープレをやるわけです

 

皆藤の先輩は
好青年のK先輩だったので
そういうことにはなりませんでしたが

他のチームのロープレを見てると
まぁ、辞めたくなるやり方でしたね
(;´▽`A“

 

だって・・・

 

絶叫系ロープレなんだもの!
( ̄□ ̄;)!!



「こんにちは!!◯◯の★★と申します!今日はこの地域限定で、無料で・・・」
ヾ(`□´メ

 

こんなのやられたら
怖くて出てこないって
(๑º△º๑)ぽか~ん

 

とりあえず
先輩にロープレ付き合って貰って
レベルを上げるよう頑張ってみました

 

そして
現地へ入り営業です

個人宅営業は
在宅率の高い時間を狙うので
午後から始まり
夕方、夜がメインとなります

そのため
出社も昼頃でした

実際に訪問していた時間は
13時くらいから
21時くらいまで
※今ならアウトな時間です

ここから帰社するので
帰社が22時~23時

帰宅するのは
毎日終電で日付を超えていましたね
(´Д`)ブラックぅー!

 

やったぜ!初受注!\(^o^)/

さて
そんな中

やっとこ初受注をすることとなります

 

確か
5日目くらいだった気がします

 

今では使えませんし
使いませんが

その時は受注が欲しかったので

「契約取れないと帰れないんですよ」
という同情獲得型のトークをして
やっと取れたのでした

 

冒頭に書いたように
高校生みたいな子が営業しているので

おばちゃん達にはウケがよく
それを活かした営業で
なんとか受注したのでした
\(^o^)/

 

と、
めでたく初受注は出来たのですが
それが続くわけもありません

 

トークを打てる機会も少ないですから
会えたら落とさないといけない

 

そこで新たな戦略を
自分なりに考え出したのです
( ̄▽+ ̄*)きら~ん

 

つづく
( ̄0 ̄)/

【第6話】超絶ブラック企業のリアル|営業初心者が受注するために取ったとんでもない方法とは?