文字と言葉で「セールス」も「文章ライティング」も「婚活」までも上手く行く!

【出会い系マッチング系婚活】婚活相手の選び方《もらったメッセージ編》

マッチングアプリや出会い系で婚活を行っていると、自分からアプローチをしていないのに異性からメッセージが来ることがあるかと思います。

特に女性の場合には、複数の男性からメッセージが来ることも多いかと思います。

では、突然メッセージが来た時、あなたはどんな基準で異性を選んでいるでしょうか?

顔ですか?年収ですか?年齢ですか?

今回は「幸せな結婚」をゴールと考えたときに「婚活相手としてふさわしい相手の選び方」についてお伝えいたします。

「結婚相手」ではなく「婚活相手」として選ぶ基準です。複数メッセージが来た場合などは、絞り込むための判断基準として使えるはずです。参考にしてみてください。

先に少しだけ注意点をお伝えします。

今回の記事は、婚活相手の人数を「メッセージの内容から」絞り込む基準についてお伝えします。

他の要素(顔、年齢、年収など)は考慮には入れていませんので、そのあたりについては、あなた自身の判断にお任せします。

ただ、婚活カウンセラーとしての意見をお伝えしておくと、結婚相手を選ぶ際に、外から見える要素を重視し過ぎると、「幸せな結婚」が遠のく可能性があります。

今回お伝えする内容とあなたが重視する要素を合わせて、判断していくことをオススメします。

《初回》初めてのメッセージから婚活相手を選ぶ

マッチングアプリ、出会い系を活用していると、メッセージが来ることがあるかと思います。人によっては何人もの異性からメッセージをもらう方もいるかと思います。

そんな時、どんな基準で婚活相手を選べば良いでしょうか?初回メッセージの内容から選ぶ基準についてお伝えします。

初回メッセージ唯一のチェックポイントとは?

マッチングアプリによっては、初回メッセージは文字数が限られているものもあります。そのため文字数を判断基準には出来ません。

実は初回メッセージに関して、チェックするポイントは1つしかありません。

それは「あなただけのためのメッセージかどうか」これだけです。

幸せな結婚はどんな人と作れるのか

「あなただけのためのメッセージかどうか」についてお伝えする前に、1つ例を挙げてみます。まずはこのメッセージがあなたに届いたと思ってみてください。

《初回メッセージ例》

初めまして。〇〇と申します。
とても可愛らしい(かっこいい)ですね。
良かったら、お友だちから仲良くなれたら嬉しいです。
お返事いただけることお待ちしております(^^)

いかがでしょう?悪いことは書いていません。

しかし、これはあなただけに向けられたメッセージでしょうか?むしろ同じものをみんなに送っているのではないでしょうか?メッセージを数撃って、返信があればラッキー的なメッセージですよね。

「幸せな結婚」をゴールとして考えた時、あなたのことを本当に気になってくれた人と、そうではない乱発した人と、どちらが「幸せな結婚」に近付けるでしょうか。

幸せな結婚は、お互いがちゃんと向き合って作っていくものです。最初から見てくれていない人と幸せになれるかは、やはり疑問です。

そう考えていくと、最初からあなたのことを見てくれている人を選んでいけば良いことになります。

どうやって「あなただけ」を判断するのか?

「あなただけに向けられたメッセージ」

これをどうやって判断すれば良いのでしょうか?

あなたに初めて届くメッセージですから、あなたのことを知る方法は「プロフィール」しかありません。

つまり、プロフィールをしっかり読んでくれていて、その内容を踏まえたメッセージを送ってくれている人は「あなただけに向けたメッセージを送ってくれている」と判断できます。幸せな結婚を目指すには、こういった人を選んでいけば良いのです。

あなたのプロフィールをしっかりと読み込んでくれていて、あなたとつながりたいという想いで書いてくれたメッセージです。こういった人と優先的にやり取りを始めていけば、幸せな結婚に近付けるのではないでしょうか。

★皆藤のつぶやき

ここまでの内容を読んで、もう1つ大事なことに気が付いていただけたら嬉しいですね。

それは「初回メッセージを送る側のときには、相手のプロフィールを踏まえてメッセージをする」ということです。
(*^^)v

本文中でお伝えしたような数撃ちゃ当たる系のメッセージでは、返信は望めません。婚活はメッセージを送る作業をしているわけではないのです。

あなたの将来を決める大事な活動です。そのパートナーを選んでいく時に、メッセージを乱発して当てるなんて方法で行って良いのでしょうか?

冒頭の導入部分で「幸せな結婚」をゴールとすると伝えたのは、数撃つ系の婚活をしてほしくないと思ったからです。

あなたにちゃんと向き合ってくれる、そんなパートナーと幸せになりましょう!
( ̄0 ̄)/おーっ!

《序盤》メッセージから婚活相手を絞り込む

初回メッセージから始まって、数名~10名くらいまでとメッセージのやり取りを同時進行していると、それぞれやり取りに差が出てくるはずです。

メッセージ序盤のやり取りから、絞り込みを行う必要も出てくるかと思います。ここでは、やり取り序盤の絞り込みの基準についてお伝えしていきます。

絞り込まないといけないのか?

最初に「絞り込まないといけないのか」と言うことについて確認しておきます。

マッチングや出会い系による婚活では、複数同時進行は当たり前です。ですから、この段階で1人にまで絞るということをするわけではありません。

序盤においては、「この人とは確実に結婚はない」と思う人を、切っていくことになります。婚活では時間を無駄に使えません。これはお互いに言えることなのです。

結婚の可能性がない人を長くつなぎとめることは、相手の時間も気持ちも奪うことになり、失礼にあたります。そのため絞り込む必要があるということです。

どんな基準で絞り込むか?

序盤における絞り込みの基準は、先ほどの項目でもお伝えした「この人とは確実に結婚はない」ということを基準とすると良いでしょう。

しかし、その基準は個々で違ってしまうのです。ここではメッセージから判断する、結婚相手として向かない可能性の高い人についてお伝えします。

《やり取りから判断する結婚相手として向かない可能性の高い人》

・あなたの希望を無視する、配慮がない人
・やり取りがかみ合わず、自分のことばかり伝えてくる人
・あなたへの要求が多い人
・何事にも合わせられない人、合わせようと努力しない人

序盤では、この辺りに注目すると良いでしょう。これらは全て結婚後の生活を見据えた内容になっています。

結婚はお互いの「バランス」がとても大事です。バランスを取ろうとしてくれなければ、どちらかが苦しい思いをします。

かっこいい、可愛いを判断基準にしてしまうと、こういった結婚後の重要なポイントを見逃します。老夫婦になったときに、かっこいいとか可愛いとかだけで、介護ができますか?毎日が幸せでいられますか?

もちろん、結果的に幸せになる人もいます。でも、幸せになれる確率を重視した時には、やはりお互いがお互いを思いやって、合わせていこうという想いを、少なくとも持っている人の方が良いでしょう。

《会うまで》メッセージから婚活相手に相応しいか判断する

目次タイトルとしては《会うまで》としていますが、会った後の判断基準にもできる内容をお伝えします。まだ会っていない段階で、会うか会わないかの基準として活用してみてください。

ここまで婚活を進めてくる中で、結婚が完全にない人は排除されているはずです。ここからは、より結婚を現実的に考えられる候補を残していくことになります。

その基準としては、以下を参考にしていただければ良いかと思います。

《会っても良いと判断する基準》

1:ちゃんとあなたのことを理解してくれている
2:理解した上で、気配り、心配りが出来ている
3:ちゃんと真摯に向き合ってくれている
4:あなたがその人とのやり取りを楽しいと感じている
5:あなた自身が「会いたい」と思える

これだけでは分かりにくいかと思うので、それぞれ解説していきます。

ちゃんとあなたのことを理解してくれている

あなたのことを理解してくれていることは大切です。例えば、お互い生活リズムが違ったり、メッセージの返信のタイミング、考え方なども違うかと思います。

育ってきた環境が違うのですから、自分の思い通りに相手が動くわけがありません。お互いの違いを理解した上で、やり取りをしてくれる人を選びましょう。

理解した上で、気配り、心配りが出来ている

お互いの状況を理解した上で、気配り、心配りができることは大切です。例えば、寝る時間だけをとってみても、朝起きる時間が早いのに、それに配慮できない人よりは、配慮できる人を選びたいものです。

また相手が友だちと出かけるような場合、その時間帯にはメッセージを遠慮するなどの配慮もあると良いでしょう。

イベントが終わった後に「今日は友だちとお出かけ楽しめたかな?」など、相手の状況をちゃんと把握して、メッセージを送ってくれる人の方が良いでしょう。

ちゃんと真摯に向き合ってくれている

問題や悩みごとなどに対して、真摯に向き合ってくれる人を選ぶ方が良いでしょう。あなたの悩みごとに対して、調べてくれたり、動いてくれたりする人の方が良いということです。

言葉だけでなく、繰り返し何度も行動を起こしてくれる人は、あなたに真摯に向き合ってくれている可能性が高くなります。そういった人を優先的に選んでいくと良いでしょう。

ちなみに女性の悩みに対して、男性が対応する場合は、悩みを解決することも大切ですが、それ以上に「共感すること」を重視してください。

極端な話、解決策やアドバイスが無くても共感は必要ですよ。

やり取りを楽しいと感じている

婚活のやり取りでは、情報交換ばかりが行われる傾向にあります。

「趣味はなんですか?」
「休日は何をしているのですか?」
「どんな食べ物が好きですか?」

このような情報のみを交換するやり取りを繰り返すのです。これは文字のやり取りのスキルが低いために起こってしまうことなのですが、このやり取りで楽しいと感じますか?

おそらく楽しくはないでしょう。しかし、これらの情報交換のやり取りではなく、踏み込んだやり取りを行い始めると、楽しいやり取りに発展していきます。

やり取り自体が楽しいを思える人を選んでいくと良いでしょう。そういう相手と会った場合には、初めて会ったとしても会話は弾みますよ。

あなた自身が「会いたい」と思える

一番重要視して欲しいのが「あなた自身が会いたいと思えるかどうか」です。

今回は複数いる中から選ぶことを基準としてお伝えしていますが、婚活で追い込まれている人の場合、「とりあえず会えるなら会って考えよう」という感じになりやすいです。

そうすると、やり取りをあまり行わず、相手のこともあまり分からないまま、会うということをしてしまいます。これでは上手くいくものも上手くいきません。

「会ってもいいかなあ」ではなく、「会いたい」と思えるようになるまで、やり取りを続けてから会った方が、初デートでも話は盛り上がり、お互いに好意的に相手を見ることができるようになります。

そうでないと、結局、目に見える情報から判断してしまうことになり、本当なら上手くいくであろう相手を逃してしまうことになるのです。

お互い「会いたい」と思えるところまで、やり取りだけで気持ちを持っていけることが理想ですね。

★皆藤のつぶやき

「会う」という判断基準についてお伝えしました。婚活相談を受けていると、結構多くの方が、即会っているという現状があります。

でも、これは初対面に強い人以外にはオススメできない流れなのですね。
(;´▽`A“

即、会う場合の判断基準を考えれば分かります。

《即、会おうとする場合の判断基準》
・ビジュアルが好み
・プロフィールに惹かれる
・基本的に会って判断したい人
・別の目的がある

こんな感じになります。「幸せな結婚」をゴールとする場合、中身を無視できないはずなのに、完全に中身を無視した流れで会ってしまっているわけですね。
(;´▽`A“

これでは、上手くいくものも上手くいかないわけです。

また、気を付けたいのは「別の目的がある場合」です。相手の目的が結婚ではなく、別のところにある場合、嫌な思いをしたり、怖い思いをする可能性があります。
(((゜д゜;))

宗教やネットワークビジネス、投資関係の勧誘などの例も耳にしています。こういった勧誘目的の場合、一人一人に時間をかけるより、即会ってくれる人に対して、どんどん勧誘していった方が効率が良いのです。

そういったところを見極めつつ、相手の中身を知ることができるので、ある程度やり取りを繰り返してから会うことをオススメしています。
ブィブィ(o^─^o)v

まとめ

いかがでしたでしょうか?

マッチング、出会い系で、複数のメッセージをもらえる場合の選定の基準についてお伝えしました。段階別に分かれているので、徐々に絞り込んでいけるはずです。

今回は、会うまでの絞り込みについてお伝えしましたが、会った後もやり取りを進めていくことになるかと思います。

その時にも、今回の基準は活用できるので、この記事を確認しながら、婚活を進めていって頂けたら良いかと思います。

メッセージのやり取りを通じて、あなたにぴったりの婚活相手を選んでください。そして、「幸せな結婚」というゴールへたどり着いてください。