文字と言葉で「セールス」も「文章ライティング」も「婚活」までも上手く行く!

【婚活知識】出会い系・マッチングアプリの違いと選び方!9つのチェックポイント!

「出会い系アプリ」と「マッチングアプリ」2つの言葉が存在しています。この2つに違いはあるのでしょうか?

またどのような出会い系・マッチングアプリを選べば良いのでしょうか?選び方の基準について解説いたします。

出会い系とマッチングアプリの違いとは?

そもそも出会い系アプリ、マッチングアプリの違いは明確にあるのでしょうか?

多くの情報を探ってみましたが、実は明確な違いは無いように思えます。「利用目的」「接点の持ち方」「健全さ」など、違いについて述べているサイトは多々ありますが、法的な部分や定義の部分で、違いを明確にすることはできませんでした。

極端な話、違おうが一緒だろうが、利用者側からすると関係ありません。「友達」「恋人」「結婚相手」を見つけるなどの理由については個々人で違うかもしれませんが、結局、人と人がつながることが目的なはずです。

つまり、利用者側からすると、出会い系、マッチングの違いを明確に分けたところで意味はありません。その違いを知るよりも、もっと他に知っておくべきことがあります。それについては次の項目で詳しく解説していきます。

※上記のような理由から、当サイトにおいては「出会い系=マッチング」として、特に分けることなく扱っています。

出会い系・マッチングの違いより大事な9つの選び方のポイント

出会い系やマッチングアプリ、サイトの違いを知るよりも重要なことがあります。それが「各アプリの特徴」です。特徴を知ることにより選ぶ基準が分かります。つまり、あなたがどのアプリを使って婚活や恋活をしていくかが分かるようになるわけです。

出会い系、マッチングアプリ、サイトをチェックする際には、以下のチェックポイントを確認しておくと良いでしょう。

 

《出会い系・マッチングチェックポイント》


・ チェック1|利用開始時の個人認証の精度
・チェック2|利用者数(アクティブ数が分かるとなお良い)
・チェック3|利用者層(年齢層、特定条件層など)
・チェック4|男女利用比率
・チェック5|危険因子(サクラ、美人局、勧誘、詐欺系)
・チェック6|課金体系
・チェック7|評判
・チェック8|通報・ブロック機能
・ チェック9|運営元

上記のポイントについて、全て分かるものではありません。中には「危険因子」など、実際に活動してみないと分からないものもあります。

また利用している時期によっても変わってしまいます。

そのため、ここではポイントのいくつかに絞って解説をしていきます。

チェック1|利用開始時の個人認証の精度

出会い系、マッチングアプリを利用する際には、登録が必要となります。この登録の精度を確認しておくと良いでしょう。

一言で言ってしまえば「本人確認が100%に近いものを求められるほど良い」と言えます。100%に近ければ、「危険因子」が存在する可能性が低くなります。

また、登録に手間がかかるため、そこまでして利用しようとしている利用者は、目的意識が高い可能性が上がります。このため登録者の質が高くなる傾向にあるのです。

個人認証の精度について見てみましょう。

《個人認証の方法》

1:写真付き身分証明
 ・運転免許証
 ・パスポート

2:写真なし身分証明
 ・健康保険証
  ・マイナンバーカード

3:他のメディア認証による確認
 ・Facebook認証

4:それ以下の認証
 ・メール
 ・なにもなし(機能利用するために1、2を行うところもあり)

1に近いほど100%に近い認証になります。しかし、運転免許証を使っても100%ではありません。運転免許の写真をプロフィール画像に使わなければならないとか、運転免許証の写真で、本人確認のために面談をするなどしなければ、100%にはなりません。

つまり、現状100%はほぼあり得ません。しかし、それに限りなく近いことは間違いありません。

2については、借りて出来てしまう可能性が残されますが、ある程度の精度は保てるでしょう。4は論外で危険なことは、お伝えせずともお分かりいただけるかと思います。

注意したいのは3のFacebookです。Facebook認証の方法としては、Facebookが「本名での登録を基本としている」というルールに基づいて、成り立っているものです。

しかし、実際問題そうではありません。本名でなくても登録は可能です。よって、本人確認の精度としては、結構、落ちるのです。しかし、それすらない4に比べれば、遥かに良いですし、実際にはFacebook認証でありながら、質の高いマッチングアプリも存在しています。

いずれにしても、「利用開始時の個人認証の精度」に関しては、かなり重要な項目となるので、あなたが登録するときに、アプリ側から何を求められるかを確認しておくと良いでしょう。

チェック2、3|利用者数、利用者層

利用者数、利用者層に関しては、都度状況も変化します。そのため実際には各出会い系、マッチングサイトの情報を確認していくしかありません。

利用者数、登録者数が多ければ良いかと言うと、一概にそうとも言い切れません。アクティブユーザー数が多くなければ、登録していても活動していないわけですから意味がないのです。

婚活ユーザーの大半が、使っていなくても費用が掛からない場合、放置しています。

1つ分かりやすい例を出すと、実績、評判ともに抜群のペアーズでさえも、登録者数とアクティブユーザー数には、大きな開きがあります。

《ペアーズ女性登録者》   ※2019年6月某日調査

・登録者数(検索条件すべて「こだわらない」)
  ⇒125万3596人
・アクティブユーザー数(3日以内のログイン)
  ⇒25万2182人

《ペアーズ男性登録者》

・登録者数(検索条件すべて「こだわらない」)
  ⇒284万4756人
・アクティブユーザー数(3日以内のログイン)
  ⇒37万1175人

つまり、登録者数に対して5~8人に1人しか活動していないのです。

利用者層についても、各アプリで特徴を出しているものもあります。外国人をメインにしているものや、年齢層が高いものなどもあるので、相手を限定したい場合には、そういったところを活用するのも良いでしょう。

参考までに年齢層高めのところでは「Match」「マリッシュ」などが挙げられます。

ただ、婚活カウンセラーとしてアドバイスするならば、確率を高くするためにも、相手を最初から限定するよりは、幅広く婚活した方が良いとは思います。

もっと言えば、複数のアプリを使った方が出会いの数が多くなるので良いでしょう。

チェック4|男女利用比率

男女利用比率は、ネット上で公開されている情報で知るか、男女2つの登録アカウントで確認するしかありません。

ただ、先ほどの項目でもお伝えしたように、アクティブユーザーまでは、ネットの情報では見えないのが現実です。

先程の項目で調査結果をお伝えしたように、アクティブユーザーはペアーズにおいて、女性は5人に1人、男性は8人に1人と差がありました。つまり登録者数から判断するとズレが生じるのです。

総じて言えることは、男女比率の差が大きく、少ない方に属している方がモテる可能性が上がるということです。オタサーの姫やハーレムと同じような状況ができるからです。

同じコミュニティーの中で、男女比に差があると、少数の方に集まります。10人のサークルの中に女性一人であれば、モテるわけです。

そういった状況に近い出会い系やマッチングアプリを見つけた場合には、登録してみると良いでしょう。思った以上の反応が見られるかもしれませんよ。
(*^^)v

チェック5|危険因子(サクラ、美人局、勧誘、詐欺系)

これは登録して見なければ分からない部分が多い項目ではあります。またどんなに優良なところであっても、少なからず、そういう危険因子が存在する可能性はあるので注意しましょう。

危険因子となる人物が多いのは、やはり2-1でお伝えした利用開始時の個人認証が甘いところが多いです。これは基本的に騙す目的があるため、「足がつきにくい方法を選択するから」です。

さらにもう1つ、見分ける方法をお伝えします。プロフィール情報を何もいれない状態で「いいね」やメッセージのアクションを起こしてくる人は、ほぼアウトと考えて良いでしょう。

またメッセージ序盤でのLINEIDの交換を迫ってくるパターンも危険です。早い段階で教えてくるのです。

このパターンでは、運営側にメッセージの内容を見られたくないという心理が働いています。通報されてしまうと、アプリを利用できなくなるからです。

騙そうとする側の心理を読み解けば、ある程度自己防衛が可能です。100%は難しいかもしれませんが、警戒しながらやり取りをしていきましょう。

ちなみに、サクラは見かけの会員数を増やす目的と、より課金させる目的で存在する場合が多いです。

つまり、認証が甘いだけでなく、次の項目で紹介する「課金制」を取っているところに存在する可能性が高くなります。あわせて確認しておいてください。

チェック6|課金体系について

大きく分けて課金体系は2種類あります。

1:定額制
2:課金制

1は月額いくらで決まっているもので、2は行動によって都度課金されるシステムです。この場合、登録料は無料である場合が多いです。

1の定額制であっても、一定のラインまでは無料でできる場合も多いです。これは各アプリによって違いますので、確認しておくと良いでしょう。

また女性だけ無料というところもありますね。

一概に全てとは言いませんが、「定額制」の方が「課金制」に比べて、登録者の質が良い場合が多いです。

また課金制を取っている企業側は、無料で使われてしまうと経営が成り立たないため、サクラを雇うところもあります。メッセージのやり取りを頻繁にすることで、課金させるわけです。

そういった不毛なやり取りにならないためにも、遊び相手を見つけるという目的ではなく、婚活が目的であるならば「定額制」を選ぶと良いでしょう。

チェック7|評判を確認しておく

当サイトでは、評判や評価などは、今のところ調査中であるためまとめておりませんが、ネット上には評価サイトはたくさんあります。

これらの評価を参考にするのも良いでしょう。

ただ、全部がアフィリエイトリンクであるようなサイトの評価は、疑問が残ります。仮にアフィリエイトリンクであっても、評価が高い根拠がしっかりと示されたところで、評価を確認しておくと良いでしょう。

アフィリエイトリンクを確認する方法としては、URLやバナーにカーソルを合わせると、画面下の方にリンク先URLが表示されるはずです。

そこに意味不明な文字列や数字が混ざっている場合は、大概アフィリエイトリンクです。参考にしてみてください。

チェック8、9|通報・ブロック機能と運営元

正直これは、ほぼ機能としてあるはずなので、大丈夫でしょう。ただ、困ったときに対応してくれる連絡先があるかどうかは、確認しておくと良いでしょう。

これに合わせて、運営元についても確認しておくと安全です。個人ではなく、ちゃんとした会社であることを確認してください。

会社であれば安全というわけではありませんが、個人よりは圧倒的に信頼できます。

まとめ

「出会い系・マッチングアプリの違いと選び方!9つのチェックポイント!」いかがでしたでしょうか?

出会い系、マッチングアプリに関しては、選び方を間違うと結構苦労する場合も多いです。本文中でも出てきた、サクラが多かったり、ネットワークや宗教系の勧誘が多いこともあります。

婚活では「時間」は本当に大事です。だからこそ無駄は極力少なく、確率高い婚活をしていくことが重要となります。

本文中では、「定額制」をオススメしましたが、用途によっては「課金制」を利用するのもありです。実際、僕の生徒に関しては、序盤は「課金制」を使って「練習とスキルアップ」をはかっているくらいです。

いずれにしても、あなたが幸せになるための婚活です。そのためにどの出会い系、マッチングアプリを活用するのか。その基準になればと思い、記事にまとめました。

具体的な各アプリに関する評価を出していないので、判断に迷ってしまう方のために1つ挙げるとしたら、現段階(2019年6月)の時点では「ペアーズ」を挙げておきます。

Facebook認証である点は、少し気になる点ではありますが、総合点、機能面を踏まえても良いと思いますよ。
ブィブィ(o^─^o)v