文字と言葉で「セールス」も「文章ライティング」も「婚活」までも上手く行く!

【恋活・婚活】初対面、初デートの注意点《女性編》危険回避のためにすべきことまとめ!

マッチングや出会い系でやり取りをしていると、どこかのタイミングで「会いましょう」という状況になるかと思います。

気になる人と会えるということで、気分も高まっているかもしれませんが、「安全」あってのものです。件数としては少ないかもしれませんが、事件に発展してしまう例も現実としてあるのです。

会ったことがない人と会う時には、細心の注意を払う必要があります。大多数の人は純粋に恋活・婚活をしているかと思います。しかし、初デートにおいては、身を守るに越したことはないのです。

今回は、特に力比べになった場合には、負けてしまう女性が気を付けるべきポイントを中心にお伝えしていきます。初めてのデート前に、確認していただければと思います。

初対面、初デートをOKする判断基準

女性は自分の身を守るために、初デートをOKするにもある程度の基準を設けておいた方が良いでしょう。

ここでは、最低限の判断基準についてお伝えします。

本人確認が出来ているか?

マッチングや出会い系では、登録名が本名でないことがほとんどです。登録名が本名でないことはお互いのことであるので問題ないのですが、実際に会うとなれば話は別です。

相手がどこの誰かも分からない状況で会うのは、リスクが大きすぎます。そのため、相手の本名などの素性が明らかになった人と会うようにしましょう。

女性側は弱い立場であるので、初デート前に明かさなくても良いでしょう。明かすことで危険度が高まるからです。

★皆藤のつぶやき

婚活カウンセラー側からすると、女性に安心してもらうために、男性自ら素性を明かすくらいの気遣いはあって欲しいところですね。
(○´∀`○)

女性側から聞いてしまうと、女性側も本名を伝えなければならなくなります。

そういったことをさせないためにも、男性側から伝えてあげて欲しいところですね
(*^^)v

やり取りの期間

やり取りの期間があまりにも短い人と会うのは危険です。「とりあえず会ってから決める」という人もいるかと思いますが、女性側からするとリスクが高いのです。

ある程度お互いのことを知るための期間を持ってから、会うようにする方が良いでしょう。

マッチングや出会い系ではサイクルが早いですが、相手の本気度を見るためにも、一定期間はやり取りだけで会わない方が良いと考えます。
※別の目的がある場合、短期決戦に持ち込む人が多い。それらを回避する意味もある。

具体的な数値となると、やり取りの頻度にもよるのですが、1か月程度は欲しいところですね。

初デート注意点1|数人に知らせておく

初対面、初デートの場合には、何が起こるか分かりません。もちろん、何もなければよいのですが、不測の事態が起こる可能性もゼロではありません。備えておくことに越したことはないのです。

不測の事態が起こる可能性を踏まえて、初デートに関しては複数人に相手と行先を知らせておくと良いでしょう。

可能であれば以下のところまでやっておけると良いでしょう。

《初デートやっておくべきこと》

1:定時連絡をする
2:暗号を決めておく
3:GPS

定時連絡をする

伝えた数人全てに対してではなくても良いのですが、信頼できる人に定時連絡を入れることを事前に決めておきましょう。

最低限3回。出かける前、デート中、帰宅後の3回は連絡をするようにしましょう。何かあった時に、早く気が付くことができるからです。

おおよそのデート時間を共有しておけば、より良いでしょう。

定時連絡はだいたいの時間で良いでしょう。トイレに行く際にメッセージをすれば良いかと思います。

暗号を決めておく

あまり想定したくないことではありますが、最悪の事態が発生してしまった時のために、暗号を決めておくと良いでしょう。

何かあった場合に、相手がスマホを操作する可能性もあります。暗号が決めてあれば判断ができるのです。

もちろん暗号と分からないような日常会話で会話が成り立つように決めておきます。

例えば、以下のようなにします。

《人にバレない暗号的なやり取り例》

「デート楽しんでる?」に対する返答に
・〇から始める・・・問題なし
・★から始める・・・緊急事態、助けて。

これだけ決めておくだけでも、後に続く文章は通常文章なので、危険を伝えることができます。また、別人がスマホをいじっていた場合にはマークが付きませんから、より切迫した状況であることが分かります。

デートしている側が、〇や★をつけ忘れてしまうと、いらぬ心配をさせるだけでなく、警察沙汰にしてしまう可能性があるので注意してください。

GPSで見ておいてもらう

初デート当日だけGPSで場所を確認しておいてもらうという方法もあります。ここまでやる必要はないかもしれませんが、やれるのであればやっておくと良いでしょう。

ただ、次の項目以降でお伝えする注意点を抑えておけば、ここまでしなくても大丈夫であるかと思いますので、読み進めてみてください。

初デート注意点2|初デートの時間

初デートの時間に関しては2つの側面があるので確認しておきましょう。「会っている時間」「終わりの時間」です。それぞれ確認しておきましょう。

初デートで会っている時間

初デートの時間に関しては、いきなり長時間会う設定にはしない方が良いでしょう。

話が弾まなかった場合に、長時間設定にしていると、どんどん印象が悪くなるという恋愛的な側面もあるのですが、時間が長いとその分、隙が出来てしまう可能性が高くなるからです。

初デートは、1~2時間のランチデートくらいがちょうど良いかと思います。もしデート時に盛り上がったら、延長すれば良いだけなのです。

初デートの終わりの時間

終電を気にしなければならないような初デートは、避けた方が良いでしょう。終電を逃してしまうと、危険度が上がってしまうからです。

終電を逃すような状況では、次の項目で触れる密室状態が強制的に作られてしまいます。デートの終わり時間を考えて、デートの開始時間を決めると良いでしょう。

初デート注意点3|密室は避け、公共の場で

初デートでは密室は避けましょう。周りの目がないところでは、何が起こっても助けてくれる人がいないのです。以下のような密室には気を付けましょう

《初デートで気を付けるべき密室》

・車
・相手の部屋
・カラオケボックス

居酒屋の個室などは、大声を出せば何とかなりますので、密室とはしていません。要するに、助けを呼んだときに、誰にも届かない状況を避けるようにしてください。

特に車に関しては、行先までも相手にゆだねることになります。危険度としては、かなり高いものとなるのでご注意ください。

初デート注意点4|席を離れる時の注意

トイレなどで座席を離れる時にも注意が必要です。具体的には以下の2つです。

《離席時の注意点》

1:身分を示すものは全部持っていく
2:飲み物は飲み干した状態で、かつ新しいものを頼まない

身分を示すものは全部持っていく

身分を示すものは、全て持って離席してください。離席中にあなたの素性を、意図せずに知られる可能性があります。

住所が知られてしまって、ストーカーまがいのことをされるかもしれません。このような危険因子を最小限に抑えるためにも、あなたの身分を示すものは、全て持って離席してください。

飲み物は飲み干した状態で、かつ新しいものを頼まない

飲み物を飲み干す理由は、薬などの混入をされないためです。睡眠薬を混入するようなバカもいます。そういった危険を無くすためにも、飲み物は飲み干してから離席しましょう。

また、新規の飲み物を頼んでしまうと、あなたが戻る前に持ってこられてしまう可能性があり、混入される危険があります。

頼むならば、戻ってから頼むようにしましょう。

また可能であるならば、飲み物だけでなく食べ物にも気を付けるようにしてください。

初デート注意点5|お酒は極力なし

初デートに関しては、なるべくならばお酒は抜きでデートをした方が良いでしょう。

お酒は判断力を奪ってしまいます。特に婚活であるならば、酔った状態では判断もできません。また悪意ある男性が、酩酊状態にさせて強姦するという事件も起きています。

まずは安全第一でお酒無しデートにすることをオススメします。

お酒を飲む場合には、5-2の離席時の注意点を踏まえるだけでなく、あなた自身が正常でいられる飲酒量を把握しておくと良いでしょう。

場合によっては、体調不良などの理由をつけて、飲む量をセーブするなどの対処も必要かもしれません。状況をみて判断してください。

初デート注意点6|勧誘の場合は即終了

初デートに限らないのですが、初回~数回のデートまでの間に、勧誘をしてくる人もいます。実は最初から勧誘目的で、マッチングや出会い系アプリを使っている人がいるのです。

勧誘の内容は主に「ネットワークビジネス」や「宗教系」が多いでしょう。

勧誘系では、あなたを落とすために別の人を呼ばれる可能性が高いです。「偶然近くに先輩がいるみたいなんだけど、呼んでもいい?」と聞かれる場合や、偶然を装って、飲食店で出会うというような状況が起こったら注意してください。

1対多の状況が出来上がると、逃げ場がなくなる可能性が高くなります。危険を察知したら、その場でデートを終了することも視野に入れて行動しましょう。

★皆藤のつぶやき

僕自身は、ネットワークビジネスが好きではないのでやりませんが、やり方は知っています。過去にそういう現場に連れまわされた経験があるからです。
※説明の穴や弱いところを指摘して欲しいという依頼で、たくさんみました。

見抜く力、的確な指摘が出来る人以外は、かなりの確率である程度のところまで押し切られます。

基本的に合流する人は、勧誘をしまくっている人です。つまり、あなたが反論しても、ねじ伏せるだけの答えを持った人が来ます。合流された時点で、かなり厳しい状況ができるだけでなく、時間の無駄でもあります。

デートに他の人を呼ぶ時点で、頭がおかしいので、提案された時点や合流して一緒になろうとされた時点で、帰ってしまって良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

やり過ぎと感じる方も多いかと思います。しかし、何かあってからでは遅いのです。幸せになろうと恋活・婚活をしているにも関わらず、危険な目にあって欲しくはないのです。

今回お伝えしたことを全てやらなくても、危険から身を守ることはできるはずです。

あなたが安全に幸せを掴むためにも、活用できる部分を上手く活用していただければ嬉しい限りです。

そして、男女ともにお互いを騙すような恋活・婚活はしないようにしてくださいね。